スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『永遠の0』観ました!!






にほんブログ村 写真ブログ フォトエッセイへ
にほんブログ村


『永遠の0』観て来ました!!

 もう最初から 涙 なみだの感動で時が流れました。

 今までは この手の映画は避けてましたが友人の勧めで

 勇気?出して観て本当に良かったです(^^)


ネタバレになると困るので ミー子のこの覚めやらぬ感想

 だけを書きます。まず 思ったことは「のんべんだらり」と

 毎日を過ごしてる自分がものすご〜く恥ずかしくなりました

 命あること 今の時代に生あることに感謝しかないです!!


平和ボケ 甚だしい事に反省と共に この平和もあの悲惨な戦争

 特攻隊で亡くなった多くの御霊のお陰であり 生き残った人達の

 頑張りで成り立ってるのですね。御霊が永遠に伝え続けようとする

 奇跡が感じられ それをちゃんと受け取る心が 次世代に繫がるのですね。


人は生きた長さではなく 「どう生きたか?」そのメッセージも

 強く感じました。生きる事 精一杯に 誰かの役に立てるように・・・

 「言葉で語れない想い」あるのですね。というか、語りたくない

 のかもしれません。それは想像しても経験した人にしか本当の

 ことは解らないからではないでしょうか? 


戦争に限らず こういう思いはあると思います。

 いつ語るのか? それは機が熟した時かもしれませんね

 ミー子がこういう映画が観れたこと これも感じ取る

 準備がやっと出来たからかもしれません。お恥ずかしい限りです。


『永遠の0』 永遠に忘れてはならないメッセージでした!!


 明日はもしかしたら無いかもしれない そんな気持ちで

 一日一日を 愛おしみ 誰かのお役に立てたら良いなぁ・・・

 そう思いながら 今から生きたいと思います(^^) 

 拙い感想を 最後までお読み下さり 有り難うございます。



PB240436 冬桜2







にほんブログ村 写真ブログ フォトエッセイへ
にほんブログ村


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

サムさまへ

サムさま。
コメントありがとうございます!!

>映画っていいもんですね。
>いろいろなことを考えさせてくれたり、教えてくれたり、
>楽しませてくれたり…
>考えてみると私は久しく映画館に行っていません。

はい♪♪ 映画特に劇場で観る DVDでは迫力に欠けますね
いつもは 埋もれてる感性とか・・・ばぁ〜〜って沸き出します(笑)
お時間有れば ぜひ 劇場でご覧下さいませ(^^)
「大脱出」「かぐや姫」「ゼログラビティ」も良かったですよ

いつも有り難うございます。


No title

映画っていいもんですね。
いろいろなことを考えさせてくれたり、教えてくれたり、楽しませてくれたり…
考えてみると私は久しく映画館に行っていません。前回見たのはいつだったかも思い出せないほどです。
私も映画を見に行ってみようかな。

ロマンハートさまへ

ロマンハートさま。
コメントありがとうございます!!

ロマンハートさんもご覧になられたのですよね。
岡田准一さん、めっちゃかっこ良かったですね(爆)
ミー子も苦手な分野 戦争と動物物語です。なんか
後を引くというか もう最中もマトモに観れないというか・・・
「蛍の墓」未だに観てないです(苦笑)
でもこの「永遠の0」は観終わって 爽やかな感じがありました。
もちろん、胸が締め付けられ涙 なみだ でしたが。
人間の根源的な問いかけ 人間ドラマが散りばめられてたから
なのかもしれませんね。感想は一日一日大切に過ごそうでしたが
今日は一日 ゴロゴロ〜〜正に猫状態でしたぁ〜イカン!!

いつも有り難うございます

No title

ミー子さま、こんにちは!
お久しぶりです。
そうですか!よかったですよね!
私も、どちらかというと、戦争物はあまり・・だったのですが、
良かったですよね!
本当に、ミー子さまの言われるとおり、平和ボケしてる今ですが、戦争でなくなった方々のお陰、また、生き残った人達の頑張りで成り立っているのですね。「どう 生きたか?」私も少しでも毎日をそんな思いを大切に生きていきたいと思います。

クメゼミ塾長さまへ

クメゼミ塾長さま。
コメントありがとうございます!!
出掛けたりバタバタしておりました
返信が遅くなり申し訳ございません。

ミー子の拙い感想記事に対して お忙しく
お疲れのところ、このような長文の深いコメント
頂きまして 心より御礼申し上げます。


>『永遠のゼロ』
>タイトルも深いし
>いろんな解釈が出来てそれぞれのテーマについて色々
>考えさせられますね

はい!! 色々な方向から考えさせられ深いテーマでした
タイトルがまた 素晴らしいですね。

>この時代に入り込み
>主人公や登場人物に同化した時に
>心がシンクロし感動を呼び起こすのではと
>映画を鑑賞して感じた次第です

あっ! そうです そうです。きっとシンクロした
のだと思います。同じ体験した訳ではありませんが
映画の中に入り込み 登場人物の心がこちらにまで
伝わり涙無しでは観れませんでした。

>人は何の為に生きるのか
>誰の為に生きるのか
>生きる意味、生きていく理由は
>生死の境や選択を迫られた時に
>真摯に向き合い見詰めるものなのかも

生きる意味 命あることに感謝の気持ち・・・
日頃 当たり前に のんべんだらりと生きてる
ミー子の頭 ガツンとやられた思いでした。
死の間際に後悔のないように一日一日を過ごしたいと思います。
今 幸せと感じられる心 忘れないようにします。

>ゼロは零戦の他に
>永遠の回帰
>輪廻
>時代が過ぎても
>同じ様なことを繰り返しながら生きてゆく

>でも大切な経験は
>朽ちさせないで語りついでゆこう

「永遠の0」タイトル 深い意味があるのですね!
一層 タイトルに籠められた意味 理解に及びます
有り難うございます。「のど元過ぎればなんとやら」に
ならぬようにしたいです。

>この映画
>きな臭くないし
>これみよがしでもないし
>どろどろしてないし
>ある意味爽やかなイメージすらあって
>『蛍の墓』のように
>映画の後に引きずる様な感じもなくて
>よかったです

あっ!!そうなんだ(@@;)何故後味が良かったのか?
観終わった後で爽やかな気持ちも否めなかったのか?塾長さまの
コメント拝読し 解りました。

>これは死で終わるのではなく
>生きる意味を見出だし
>自分の意志で特攻に征く
>決して特攻で逝く
>のではないからなのでしょう

凄いコメント拝読出来ましたこと 感動しております。
決して「特攻で逝ったのではない」そこには心の葛藤は
あったにせよ「自らの意志」も含まれてた・・・そう
思う事で 救われる想いがしてきます。短い生涯であったにせよ
どう生きるのか?誰の為に生きて死ぬのか? 自分は何が出来るのか?
どう死に向かうのか? 永遠の問いかけでもあるのですね。

いつも有り難うございます。



荒野鷹虎さまへ

鷹虎さま。
コメントありがとうございます!!
出掛けたりしてバタバタしておりました。
返信が遅くなり申し訳ございません。

>この小説と映画はまさしく戦争の矛盾と悲劇を訴えた貴重な内容です。
>残された若い子供たちへの鎮魂歌とも思います。
>多くの人々に見ていただき二度と人間の悲劇を起こさないようにして
>ほしいと思います。

戦争の矛盾と悲劇 もし 我が子が戦争にいくような事になれば・・・
想像しながら観るだけで 胸が締め付けられ 涙が込み上げ苦しく
なりました。散って逝った多くの貴い命 遺された家族への
「鎮魂歌」そうですね、、、、今までこのような小説 映画を
避けてきたミー子でしたが 本当に観て良かったです。

>何時も感動の記事を見て安心と感激を覚えました。!!
恐れ多いお言葉です。感謝申し上げます。

いつも有り難うございます。

ベージュさまへ

ベージュさま。
コメントありがとうございます!!
出掛けたりバタバタしておりました。
返信が遅くなり申し訳ございません。

>よさそうな映画ですね。
>私も見てみたくなりました。
>岡田准一さんがイケメンのようですね。

はい(^^)お時間あればぜひ劇場にてご覧下さいね
岡田准一さん、仰る通り めっちゃかっこ良かったですよん。
それに脇を固める俳優さん方の演技力も絶賛でした。

いつも有り難うございます。

yossy610さまへ

yossy610さま。
コメントありがとうございます!!
出掛けたりしてバタバタしてました。
返信が遅くなり 申し訳ございません。

>映画は観ておりませんが、ミー子様の文面だけで充分に 
>気持ちが伝わってきましたよ!

 >>人は生きた長さではなく 「どう生きたか?」

ミー子の記事で 感じて下さり気持ちも汲み取って下さり
嬉しい限りです。死の淵を彷徨われた体験をお持ちのヨッシーさん
だからこそだと思います。数年前のミー子だったら この記事は
書けなかったでしょう。義父母を彼岸に送ったり、子育てで
様々な体験したからだと思います!!(勿論 仕事もです)

体験する事に勝るものなし。そこから学ぼうとする姿勢があるか
どうか?でしょうか。反省する事が多いです。

いつも有り難うございます。

シネマ大好き娘さまへ

シネマさま。
コメントありがとうございます!!
出掛けたりしてバタバタしておりました。
返信が遅くなりゴメンナサイ、、、、

シネマさんには「イマイチ」だったのですね(爆)
まぁ、人それぞれだもんね。そして同じ映画や本でも
タイミングというものがあると思っています。

いつも有り難うございます。

ponsunさまへ

ponsunさま。
コメント有り難うございます!!
出掛けたりしてバタバタしておりました。
返信が遅くなり申し訳ございません。

ミー子は戦争がテーマの映画や本 今までは
どうしても観れませんでした。理由はよく解りません。
「永遠の0」は戦争映画というより 人間ドラマというか
生きる意味 いずれは死ぬという人間の根源に迫る深い
テーマを示唆してくれたように思いました。
不謹慎ですが 観終わった後 爽やかでした。後味が良かった
のです。時代に関係なく 「永遠のテーマ」でした。

いつも有り難うございます。

『永遠のゼロ』

『永遠のゼロ』
タイトルも深いし
いろんな解釈が出来てそれぞれのテーマについて色々考えさせられますね

この時代に入り込み
主人公や登場人物に同化した時に
心がシンクロし感動を呼び起こすのではと
映画を鑑賞して感じた次第です

人は何の為に生きるのか
誰の為に生きるのか
生きる意味、生きていく理由は
生死の境や選択を迫られた時に
真摯に向き合い見詰めるものなのかも

逆に言えば
普段はのんべんだらりと何気なく生きているとも言えます

まあそれは幸せ故、平和のお陰なのだと気付けば
『日々是好日』
何故今幸せなのかと問い掛けた先にこの映画があると感じられたら
見方感じ方も変わってくるでしょう

この物語りの人物だけが特別ではなくて
一人ひとりが
色んな人生ドラマを刻みながら
それでも過ぎてしまえば
日々記憶は薄れてゆく
やがて何事もなかったかの様に
ただ今を日々を生きていく

ゼロは零戦の他に
永遠の回帰
輪廻
時代が過ぎても
同じ様なことを繰り返しながら生きてゆく

でも大切な経験は
朽ちさせないで語りついでゆこう

この映画
きな臭くないし
これみよがしでもないし
どろどろしてないし
ある意味爽やかなイメージすらあって
『蛍の墓』のように
映画の後に引きずる様な感じもなくて
よかったです

これは死で終わるのではなく
生きる意味を見出だし
自分の意志で特攻に征く
決して特攻で逝く
のではないからなのでしょう

ミー子さんへ!!

おばんです!
この小説と映画はまさしく戦争の矛盾と悲劇を訴えた貴重な内容です。
残された若い子供たちへの鎮魂歌とも思います。
多くの人々に見ていただき二度と人間の悲劇を起こさないようにしてほしいと思います。

何時も感動の記事を見て安心と感激を覚えました。!!

No title

よさそうな映画ですね。
私も見てみたくなりました。
岡田准一さんがイケメンのようですね。

こんばんわ!

 映画は観ておりませんが、ミー子様の文面だけで充分に 気持ちが伝わってきましたよ!

 >人は生きた長さではなく 「どう生きたか?」

 ・・・座薬入れて悶々としている爺様(私)には・・・よ~く身にしみてきましたよ~ん!

 ミー子様、いつも有難うございます!次男様によろしく!

 

No title

シネマ、大泣き覚悟でいったのに~~

全然泣けず>_<

特攻隊とか戦争に興味ないんです~~

彼氏と夫婦50割で観ました~

彼氏は、よかったそうです~

シネマは、Hなシーンもないし、文部省推薦みたいな映画で、いまいちでした~

やっぱり、非国民ですね~

感動

最初から 涙 なみだの感動で時が流れました

そうでしたか、ミー子さんも

周りで、観た方みなが絶賛していたので、
そんなものかなぁと、感じておりました


私は、基本、戦争映画を見ませんが(笑)、
もしかしたら、どこかで出逢うかもしれません


ありがとうございます
プロフィール

ミー子

Author:ミー子
日々、感じ、考え、行動に移し、楽しみながら成長したいです
オシャレと猫さんと泳ぐ事が好きな「薬剤師」です。ミー子の
ブログで少しでも心がほっこりしてもらえたら嬉しいな♪
最近「カメラ女子」になりました

「姫のあるがままでいいじゃん」→『ミー子の伝言』
 猫谷姫⇒ミー子 に改名 よろしく♪

応援ポチして下さると嬉しいです

人気ブログランキングへ
        

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

くろックCute BC01
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。