スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

介護 ミー子が決めてた五つのこと♪

Image2001.jpg


今年の5月 義父を彼岸に送りました(享年103歳)

義母(享年94歳)を送りもうすぐ4年が経ちます

早いものですね。今はもう介護の大変さも忘れました(笑)


ミー子が介護を通して感じたことを書きたいと思います

感じたというか、ミー子が実行しようと努力?したことかな?


①尊厳を大切に 「お義父さん」「お義母さん」と呼ぶ
 ミー子にとっては第二の両親ですし、相対する時は
 「じいちゃん」「ばあちゃん」とは呼ばないように、、、


②赤ちゃん言葉は使わない。「○○しましょうね」とか、、、
 あくまでも対等な立場で(尊厳を大切に)


③ボケて変な事を言っても否定しない「そうじゃないよ」とか、、、
 「間違ってるか?」と聞かれた時のみ 答える
 否定するとボケが進行します。混乱し凶暴?になります(爆)


④同じ話でも初めて聞くようにただ聞き続ける 「へぇ〜そうなんだ〜」
 これ言うは易しですよ〜〜やってみたら分かります(笑)
 マジ、できないっすよ だからミー子の修行だと思って、、、


⑤介護福祉士、ヘルパー、医師、看護士と良い関係を築いておく
 感謝の意を毎回必ず伝える。ほんとにそうなんだもん! 
 もし、ホームでお世話になれなかったら家は崩壊してたからね〜〜
 心が不安定になった義父が車椅子で介護士さんを車椅子で
 轢いて 足に怪我させてしまったのです(軽症)勿論 お詫びし
 病院代もお見舞いもしましたが、もし相手との関係が
 悪かったらどうなっていたか・・・ブルブルですぅ(冷汗)


まぁ、こんなとこかなぁ。勿論いつも出来てた訳ではありません
主人は「親子」ゆえ、ボケた事を言う親が不憫だったのでしょうね
「それは違う」と言い 関係悪化する事が多かったようですが・・・
ミー子はひと呼吸おける関係だったからまぁ 出来たのかもね!?

でも、天国の義父母はミー子の至らなさ 笑ってるだろうな。
やるだけやったと思うけど、きっと自分が体験しないと(死に至るまでを)
本当の気持ちは分からないんだろうな、、、仕方ないよね

産まれるって 生きるって 死ぬって・・・
分かんないことだらけだね〜〜まぁ、だから面白いとも言えますね 


Image2011.jpg
<ハマってるPSゲーム「バイオハザード6」バックに付けれる携帯ポーチ>


応援ポチして下さると嬉しいです。ペコちゃん♪
  ↓

  ↓

人気ブログランキングへ

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

鍵コメさまへ

鍵コメさま。
コメントありがとうございます!!

はぁ〜い♪ 嬉しいです。お心遣い有り難く
お伺いさせて頂きますね(^^)

いつも有り難うございます♪

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

クメゼミ塾長さまへ

クメゼミ塾長さま。
コメントありがとうございます!!

>同じことを何回聞いても初めて聞いた様に
>ふんふんと頷きながら
>聞き続ける
>聞いている振りだけでもしんどくなりますね
>まあ結果的には
>それがストレスとして蓄積していった様ですが
>爆発させずよく辛抱しました
>お疲れ様でした

>ミー子さんの物静かな雰囲気は
>人生を積み重ねてきた証の姿なのかもね

ほんまに自分でもよくやったと思います(笑)
自分でこうしようと思ったら頑固なとこがミー子には
あるようです。まぁ、人間 覚悟し決めたら「やれる」もんです!!

ストレスは大溜まりでしたよ。塾長さまと出会い、クメゼミにも
行かせて頂き どうにか乗り越えることが出来ました。心から
御礼申し上げます(^^)大爆発? しゅっちゅうでしたよ。
ただ、義父母の前ではしなかっただけです。心の中はマグマが噴火(笑)
これも我がままいっぱいで甘えたのミー子が通らなければいけない道
だったのでは?と今では思えます♪

ミー子「物静かな雰囲気」ですか〜〜!?それはそれは言われたこと
ないからコメントに困りますが 素直に有り難うございます(^^)

>振り子細工の心も
>浮き沈みで得た心の修練で今は大海も凪になったのでしょうか

>新たな船出
>人生いつも今からですね

塾長さま。素晴らしい言の葉を連ねて下さり恐縮です。そして
嬉しいです!!介護に関しては「凪」になりましたが 今度は
他の大波小波に ドンブラ子でございます〜(笑)

新たな船出 楽しみたいと思います♪♪

塾長さま、いつも有り難うございます。

比呂さまへ

比呂さま。
コメントありがとうございます!!
お久しぶりです。どうされてるかな?と案じておりました。
お元気そうで何よりです。玄関に飾らせて頂いてる比呂さんの
絵と言葉に元気を頂いております(^^)

お母様、87歳ですか。認知が出始めたのですね。それは大変ですね〜〜
足が達者なら尚更のことですが・・・お姉様も出来る限度がありますし
ミー子もホーム入所に関しては心 千路に乱れ迷いました。
一人息子の主人がドクターから「これ以上家での介護は無理」とはっきり
言われ主人が決断しました。嫁の立場はビミョウなもの。言えないです

比呂さん、あまり先のこと考えないでね。なるように流れていきますし
なるようにしかならないみたい。その時、その一瞬を大事にしたら
良いと思いますよん。ミー子の実家の両親は兄夫婦がよくしてくれてます
認知もなくまだ大丈夫なようですが、兄夫婦には感謝の気持ちを
いつも伝えます。そして口出しはしないと決めてます。そのお陰か?
兄嫁もミー子を実の妹のように可愛がってくれます。兄弟仲が良いこと
これも親孝行ですね〜〜♪♪

比呂さん、介護もですが、実際体験しないと本当のところは分からない
とミー子も思います。余り無理なさらず 自分も大切になさって下さいね。

比呂さん、有り難うございます。

ひょい!さまへ

ひょいさま。
コメントありがとうございます!!

>ミー子さん、深いねぇ~~
>①~⑤、ぜ~~んぶ、深く頷けました~
>といっても、経験はしてませんけど。
>それでも大切だな~~と頷けました。

ひょい先生にそう言って頂くと心から嬉しいですよん♪
ありがとうございます(^^)介護だけではなく①〜⑤
人間関係全てに当てはまるような気もしますね♪

>④が大変なのは分かる気がします。
>仕事でお年寄りを相手にすることがあるのですが、
>健康なお年寄り相手でも、
>大変ですもん。
>まして要介護の方でしたら、なおのこと。
>そっか~~~修行だと思えばいいんですね!

はぁ〜い♪♪ もう修行と思えば納得もいくというものです鯛(笑)
ひょいさんもお年寄り相手のお仕事もあるのですね。
お察し申し上げます(爆)大変でしょ!?言ってもすぐ忘れる
覚えられない、何度も同じ話(自分に関する)しちゃうしね〜〜
あはは〜〜!!これミー子のことだわ。遺憾、イカン・・・

「誰しもいつか往く道」なのですよね

ひょいさん、いつもありがとうございます。



ロマンハートさまへ

ロマンハートさま。
コメントありがとうございます!!

>私は、まだ本格的な介護をしたことがないので、たいへんためになります。
>やはり、ご老人に否定的な言葉はタブーなんですね。
>生まれてから死ぬまで、人は人にお世話になるんですね。

ミー子も義父母の介護が全く初めての体験で右往左往の毎日だった
ような(@@;)こればっかりは実際やってみないと分かんないもの
ですね〜〜義母にはあ〜もすれば良かった、こうもしてあげたら
良かったと後悔ばかりです、、、義父にはそれがないですね(不思議)

心理学の勉強をしてた時に「否定したら悪化する」って教えてもらって
ました。出来るだけそれを実行しただけですよん。それに介護と言っても
ホームでお世話になった年数が長かったのでやれたようなものです
世の中にはお家で介護なさってらっしゃる方が多いです。心から
お疲れ様と自分のことも大切になさって下さいとお伝えしたいです。
ミー子はお世話はしても「お世話はされたくない!!」これが本音です
しかし、そうは問屋がおろさないっていうように世の中なってる
らしいですね〜(笑)

猫ちゃん携帯ポーチかわゆしでしょ(^^)お気に入り〜〜でっす♪
目は相変わらず調子悪いですが騙しだましの毎日。それに風邪ひいちゃって
もう踏んだり蹴ったりの毎日ですわ(爆)

ロマンハートさん、いつもありがとうございます。




いつも今から

同じことを何回聞いても初めて聞いた様に ふんふんと頷きながら聞き続ける
聞いている振りだけでもしんどくなりますね
まあ結果的には
それがストレスとして蓄積していった様ですが
爆発させずよく辛抱しました
お疲れ様でした

ミー子さんの物静かな雰囲気は
人生を積み重ねてきた証の姿なのかもね

人から聞いた話や映像の世界はバーチャルですが
自分での原体験は
ライブ感が違いますね
心の温度感と揺さ振られる感情
喜怒哀楽と四苦八苦
それに煩悩との狭間に
大海の小船のような浮き沈み

振り子細工の心も
浮き沈みで得た心の修練で今は大海も凪になったのでしょうか

新たな船出
人生いつも今からですね
ミー子さん

お久しぶりです。

ミーコさん お久しぶりです。
介護のお話、勉強になります。私の実家の母も87歳という高齢で、少し
認知があり さっき食べた事も忘れてしまいます。
私は離れて暮らしているのですが いつも一緒に住んでいる独身の兄ではお世話もなかなか行き届かず お嫁に行ってる姉が食事の手伝いにきたりしていますが 姉も家庭があるので毎日は来れず。。そろそろ入所の事を
考えたりしています。介護は その立場にならないとわからない事だらけですね。

No title

どぉ~~も(^o^)丿

ミー子さん、深いねぇ~~
①~⑤、ぜ~~んぶ、深く頷けました~
といっても、経験はしてませんけど。
それでも大切だな~~と頷けました。

④が大変なのは分かる気がします。
仕事でお年寄りを相手にすることがあるのですが、
健康なお年寄り相手でも、
大変ですもん。
まして要介護の方でしたら、なおのこと。

そっか~~~修行だと思えばいいんですね!
良いこと聞きました。
ありがとうございます(^o^)丿

No title

ミー子さま、こんにちは!
私は、まだ本格的な介護をしたことがないので、たいへんためになります。
やはり、ご老人に否定的な言葉はタブーなんですね。
生まれてから死ぬまで、人は人にお世話になるんですね。
どういった老後になるかはわからないけど、看取る人も看取られる人も
心穏やかでありたいと思いました。
ねこちゃんの携帯ケース?とっても可愛いです!
いつも若さを忘れないミー子さま、目を大事に楽しんでくださいね!

ふじこさまへ

ふじこさま。
コメントありがとうございます!!

ふじこさんのお話にはいつも驚かされます。びっくりです、、、、
ご主人様はそんな辛い体験をなさってるのですか(@@;)
う〜〜ん、ミー子は考えられないです。それとご夫婦で
そのお母さんを引き取られ 77歳〜86歳まで面倒看られたのですね

ふじこさんご夫婦は「仏様」慈悲の心 お持ちの方だと思いました。
スゴイとしか言えません。ミー子なら出来ないでしょう、、、、

むせび泣くご主人様に掛けられたふじこさんのお言葉 素晴らしい!!
「慈悲の心」ってこういうものなんだなと教えて頂きました。
感謝申し上げます。

ふじこさん、いつも有り難うございます。

シネマ大好き娘さまへ

シネマさま。
コメントありがとうございます!!

うふふ・・・携帯ポーチ かわゆしでしょ♪♪
一目惚れで買っちゃいましたぁ〜これピンクなのですが
あとゴールドもあったのです。迷ったけどミー子の好きな色
だからこれにしました。携帯ってバックの中でゴロゴロしないですか?
慌てて探すほど、わかんなくなるからこれ便利ですにゃん(^^)

介護ってする方もされる方もほんまに大変だよね(痛感でっす)
ミー子んちの近くに「嫁入らず観音」があります。桜の季節は
特に綺麗です。又 お参りに行かなくっちゃ。あはっ♪
シネマさんはいつも幸せそうでお話したら愉しそうね。

シネマさん、いつもありがとうございます。

ponsunさまへ

ponsunさま。
コメントありがとうございます!!

>>同じ話でも初めて聞くようにただ聞き続ける 「へぇ〜そうなんだ〜」
>> これ言うは易しですよ〜〜やってみたら分かります(笑)


>これはグサッときました
>私のことではないかと(笑)

あはは〜〜!! ponsunさんの宇宙的 精神世界の深いお話とは
次元が違いますって!!年取るとボケようがボケまいがみんな
「同じ話』しますよね。ミー子なんてもう息子達から思われてる
とおもいますよん(苦笑)気を付けようっと、、、、

いつも自分の感情を否定も肯定もせず 「じっとただ静かに見つめていると」
このお話 最近ミー子は 思い出して自分でもやっております(^^)
不思議なことに自分を責めることも相手を責めることも少なくなって
きました(^^)まだ発展途上のミー子ですが・・・

ponsunさん、いつも有り難うございます。

yossy610さまへ

yossy610さま。
コメントありがとうございます!!

本職、天職のyossy610さんからこのように言って頂くと
ほんとに嬉しいです。有り難うございます(^^)

義父母はミー子に感謝してくれてるでしょうか?今でも
悔いることはたくさんあります。義母は衰弱の仕方が早く
心の準備も出来ませんでした。

ミー子の家族がどうにか持ち堪えられたのは「ホーム」という
場所があり、介護士さんのお陰と感謝の気持ちでいっぱいです。
しかし、自分に置き換えると複雑な心境ですね〜〜子供に迷惑
掛けたく無いです。でもこればっかりはね〜〜ころっと逝きたいデス!!

yossy610さん、いつもありがとうございます。

No title

ミー子さま
介護福祉士の友人もミー子さまと同じことを教えてくれました。
主人の母は主人が15歳の時に北海道の出稼ぎの男性と駆け落ち失踪しました。
83歳の自分の母親と中学3年生の子を捨てて。
時はたち40年ぶりに我が家に尋ねてきました。
わし、三郎が15歳になったからいいと思って、うへっと笑っていました。
そのとき母は77歳、恩親をこえて86才まで亡くなるまで面倒を見ました。
主人はお酒を飲むと、あんな親で情けないと早く亡くなってほしいとむせび泣きました。
私は、あなたが死んでほしいと思ってもいつか死にます。
木の股から生まれたのではない、親は腐っても鯛なんです。
がんばりましょうと亡きながら励ましました。ふじこ

No title

ねこちゃんの携帯ポーチかわゆし~~~

介護って、大変ですね~

彼氏の嫁が介護のお仕事してます~

なんか、負けたってかんじ~

でも、シネマの方が愛されてるもん~

同じ話

同じ話でも初めて聞くようにただ聞き続ける 「へぇ〜そうなんだ〜」
 これ言うは易しですよ〜〜やってみたら分かります(笑)


これはグサッときました
私のことではないかと(笑)

私も、同じ話ばかりしていますので、
そう受け留められていることでしょう

私自身、すぐに忘れてしまうので、
「へぇ〜そうなんだ〜」を毎回、連発しているかもしれません(爆)


脳天気な私とお付き合いくださり、すみません



ありがとうございます

身内の介護、

 義母様、義父様、天国でミー子さんに感謝されているでしょうね!

認知症の理解は家族でも難しくて、家庭崩壊するケースが増えてきております。

 ミー子様の気配りは素晴らしいものでしたね!

 私も介護士としてレスパイトケアに頑張りますよ!
プロフィール

ミー子

Author:ミー子
日々、感じ、考え、行動に移し、楽しみながら成長したいです
オシャレと猫さんと泳ぐ事が好きな「薬剤師」です。ミー子の
ブログで少しでも心がほっこりしてもらえたら嬉しいな♪
最近「カメラ女子」になりました

「姫のあるがままでいいじゃん」→『ミー子の伝言』
 猫谷姫⇒ミー子 に改名 よろしく♪

応援ポチして下さると嬉しいです

人気ブログランキングへ
        

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

くろックCute BC01
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。