スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

秘密を抱えて生きる

真珠

誰でも「秘密」は持ってると思います。
誰にも言えなかった秘密。現在抱えてる秘密。友人の秘密。


秘密を持ってる事は辛いことですが、無意味な事では
なく、むしろ、当たり前だと思います。解りやすく
例えるなら、親から虐待を受けた子。いじめられた子。

虐待を受けた(進行形でも)子はまず、誰にもその事実を
言いません。何故?と思われるでしょうが、言えないのです。
「それでも親を好きだから」「捨てられたら生きていけないから」


脅迫されてる場合もあります。この事は(虐待)絶対に誰にも
言うな!!と。だから「秘密を抱え込む」のです。小さな子がね。
誰かが気付いてあげたら救われるのでしょうが・・・

学校でいじめられた子もまず、言いません。特に親にはね。
心配を掛けたくないというのもありますが、一番は「プライド」
でもこのプライドが実は力にもなってるのですけどね。

こうして秘密を抱えて生きていくのです。トラウマはこのように
して生まれます。しかし、秘密もトラウマも人生でマイナスでは
ないと思います。というか、考え方次第なんですよね。

マイナスどころか、その人の「核を作る」ものかもしれません。
ピンチはチャンスに! 試練は幸せの架け橋に! 
マイナスはプラスに! 転じる力を心は持ってます。



姫が聞いた話です。同年代の女性。その方は兄、弟の真ん中。
母親から彼女だけが虐待を受けて育ったのだそうです。叩かれる
土下座させられる。髪を掴まれ廊下を引きずり廻される。

聞いていて掛ける言葉もなくただ、彼女とその時間を共有しました。
何故、家族が誰も気付かなかったのか?家族が誰も居ない時に虐待が
行われたからです。傷跡を残さないような周到な虐待です。

胸が締め付けられました。掛ける言葉はただ「よく生きて来られました」
それしか言えませんでした。姫は薬局経営以外に数年間、カウンセラーを
してた時期があったのです。止めましたが(姫には向かないと解ったから)

その女性に何が一番辛かったですか?とお聞きしましたら
「土下座と言葉の暴力」ですと瞬時に答えられました。


「申し訳ございません。私が悪うございました。許して下さい」
と母親の気がすむまで、土下座は繰り返されたのだそうです。
良い悪いは関係なく、ただ母親の感情のはけ口にされたのでした。

あの屈辱は今でも忘れられないと泣かれました。
彼女をしっかりと抱きしめ頭をさすり、背中をなで、
彼女が泣き止むまで時を過ごしました。。。

言葉の暴力もトラウマとなり彼女を苦しめます。
「ダメな子、バカな子、不器用な子、」呪文のように
繰り返された刃のような言葉は心を切り裂きます


すぐに姫の師であるカウンセラーのH先生をご紹介しました。

ある日、スーパーで一度お会いしましたが、弾けるような笑顔でした♪
「あの時、姫と出会わなかったら、そしてH先生との出会いがなかったら
今の私はないと思います。有り難う!!今、とっても幸せです」

あの言葉は姫の一生の宝物です。こちらこそ、ありがとう!!

彼女は長い間、あの秘密を誰にも言えず、苦しんで来ました。
しかし、秘密を抱え、一生懸命に健気に生きて来られた。母親を
恨んだ時期もあったけど、今は許せてます。と言われました。


人は何て素晴らしいのでしょう。「秘密を抱えて生きる」お手本を
見た思いです。


「天然真珠」を思い出します。<パール 6月の誕生石>

人魚の涙、月の雫と形容されるように西洋の国が東洋に対する
神秘的な憧れを含めて、真珠を言い表しました。天然真珠の生成は、
貝に外部からの異物が入り込むことにより始まるのです。

その異物が「核」となり、長い時を経てあの美しい輝きを放つ真珠に。
異物を排除するのではなく、自分の中に取り込み、異物を抱えて生きる。


虐待という体験を異物と例えてみるとよく解ります。排除するのでなく・・・
人は理不尽に不運な出来事に見舞われます。でもそれを消化し、昇華する。

「秘密を抱えて生きる」→人魚の涙、月の雫に生まれ変わるのです 


 
 応援ポチして下さると嬉しいです。ペコちゃん♪
        ↓
   



スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

クメゼミ塾長さまへ

こんばんは♪

>人は理不尽な仕打ちを受けたり
自分の生きている意味を失くした時に
心は瓦解します。

>私も何回となく、心は折れ、壊れました。
感受性が豊か=傷つきやすい のですね

塾長様も何回も心折れるような体験なさったのですね。
それに耐え、努力し続けられたこそ、皆様を指導出来る立場に
なられたのだと思います。誰にも言えず(言わず)
核を熟成されたからこそ、なのですね♪

>自分の心と如何に折り合いをつけ 向き合うか

こだわらない。
覚悟する。
あきらめる。

そうなんですね!しみじみと何回も拝読させて頂きました。
「こだわらない」「覚悟する」「あきらめる」
胸に沁みる言葉です♪姫もかく在りたいと思います。

こちらこそ、いつも的確で、更に上をいくコメント感謝しております。
有り難うございます(^^)

No title

天然真珠の生成は、貝に外部からの異物が入り込むことにより始まる。
その異物が「核」となり、長い時を経てあの美しい輝きを放つ真珠に。
異物を排除するのではなく、自分の中に取り込み、異物を抱えて生きる。
「秘密を抱えて生きる」→人魚の涙、月の雫に生まれ変わる
 

 ⇒なんとも 哲学的ですねえ。
素晴らしいです。
自分の心と 如何に折り合いをつけるか。

人は理不尽な仕打ちを受けたり
自分の生きている意味を失くした時に
心は瓦解します。

私も何回となく、心は折れ、壊れました。
感受性が豊か=傷つきやすい のですね。

自分の心と如何に折り合いをつけ 向き合うか

こだわらない。
覚悟する。
あきらめる。

人生とは
そのことの 繰り返しなのかも…。

心に響く 記事ですね。
ありがとうございますm(_ _)m

モモさまへ

こんばんは。

(。・。・;)ゴメンナサイ・・・お正月早々にちと、辛気臭い内容に
なってしまったわね。虐待の事件TVなどでもやってますが
多いですね。本当に胸が痛みます。

>姫さま、ありがとう。

こちらこそ、ありがとう!!H先生にもありがとう!!
モモさんって優しい方ね。姫はいつも救われてますよん。
モモさんと出会えて良かった(^^)
ここで白状しちゃおうかな。実は桃ちゃんの名前なんですが
モモさんみたいに「優しく」なるようにと付けました。

よかった・・・

読んでいて、こちらまでつらくなってしまいました。
その方が救われて、今、幸せを感じておられて本当によかったです。
姫さま、ありがとう。

りん♪さまへ

こんにちは♪

>秘密にする理由 内容にもよりますが 上記の他に 
自分のプライドや 言える相手がいなかった
というのもあるのでしょうね…

そうですね~虐待を受けた彼女は一応は大人になってから
兄弟や父親、思い切って母親にも言ったらしいですが、やはり
解ってもらえなかったと言ってました。だから、安全な場所で
安全な人(カウンセラー)に聞いてもらい、思い切り感情を吐き出し
泣いて昇華されたのだと思います。

>アタシが姑のグチを実母にこぼしてるのも
一応秘密なんですけどね(爆)

あはっ!いいんじゃないですか。誰かに言わないとやっとられん。
お母様なら一番安全というものだわよん♪♪

黒真珠は義母の49日法要の時、買いに走ったわ(爆)
息子達の数珠(ちょっと奮発して)も買いました。
やっぱり、日頃の準備の悪い姫ですぅ。。。。

No title

姫さま こんにちは♪

秘密ですか…
秘密にする理由 内容にもよりますが 上記の他に 
自分のプライドや 言える相手がいなかった
というのもあるのでしょうね…

アタシが姑のグチを実母にこぼしてるのも
一応秘密なんですけどね(爆)

黒真珠 綺麗ですね~d(^-^*)
先日の義母様の3回忌に使われたのかしら^^v
これからはフォーマルな行事が多くなりそうだから
パールアクセサリーも見直しておかなければ…
とふと思いました(笑)

SHOUさまへ

こんにちは♪

本当に、人は苦難を経て初めて幸せになるのだと
つくづく思います(^^)

>秘密・・・・・
私もたくさんあります。
人に言いたい事もあります。
でも言えない事もたくさんあります

そうですね。姫もそうです。皆様そうでしょうね。
それで良いのだとも思います。言えばいいってもん
でもないです。

>相田みつをさんの書かれた言葉です。
「浄玻璃の鏡の前に立つまでは、秘めておきたし。
あのことも、このことも」

>浄玻璃(じょうはり)の鏡とは、地獄の閻魔王庁にあって、
亡者が生前に偽した善悪全ての所業を映し出すと言う
鏡の事をいうそうです。

相田みつおさん、流石良いことを仰いますね・・・
「秘めておきたし、あのことも、このことも」

姫もきっと鏡の前に立ったら、ノックアウト状態よん。
一緒に気絶しましょう。あはっ♪ 
道連れにしてどうする!?(爆)

素敵なコメント有り難うです。お互いに「猫の国」では
表彰されるかもしれませんね(笑)



No title

>今、とっても幸せです

この言葉の裏には、人それぞれの苦難があったればこそ、言える言葉だと思います。

秘密・・・・・
私もたくさんあります。
人に言いたい事もあります。
でも言えない事もたくさんあります。

でも、最後はちゃんと暴露されるようです・・・・

相田みつをさんの書かれた言葉です。
「浄玻璃の鏡の前に立つまでは、秘めておきたし。あのことも、このことも」

浄玻璃(じょうはり)の鏡とは、地獄の閻魔王庁にあって、亡者が生前に偽した善悪全ての所業を映し出すと言う鏡の事をいうそうです。

恐らく、私はこの鏡の前に立ったら、気絶して死んでしまう事でしょう・・・・
あ・・・・もう死んでるのか・・・・(笑
プロフィール

ミー子

Author:ミー子
日々、感じ、考え、行動に移し、楽しみながら成長したいです
オシャレと猫さんと泳ぐ事が好きな「薬剤師」です。ミー子の
ブログで少しでも心がほっこりしてもらえたら嬉しいな♪
最近「カメラ女子」になりました

「姫のあるがままでいいじゃん」→『ミー子の伝言』
 猫谷姫⇒ミー子 に改名 よろしく♪

応援ポチして下さると嬉しいです

人気ブログランキングへ
        

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

くろックCute BC01
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。