スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

父の背中・主人の背中♪

Image788.jpg

姫は父から溺愛されて育ちました♪(問題じゃ~笑)
母からは「愛のムチ?」が飛び交ったけど☆~(ゝ。б)ネ


あれは姫が小学一年の遠足の出来事でした。
おたふく風邪(後で判明)で当日の朝も微熱があったみたいで・・・
学校に「休みます」と母が連絡したそうです。

姫はとっても行きたかった遠足でした。お昼前に熱測ったら
平熱に。で、すごいダダこねた~「行くんじゃ~~遠足に」
あはは~~!!泣きわめいたらしい(爆)

それで父が連れて行ってくれる事に。当時は車なんぞ無い時代
父は黒くてデッカイ「ヤマハのオートバイ」に乗ってたんです。
その後ろに「小さい姫」を乗っけて田舎のガタガタ道を走った~~

「しっかりお父ちゃんの背中につかまっとけよ」って言うてね。
だけどぉ~~~!!!!!すんごい怖かったーーーー!!!!!
揺れる~~カーブなんて振り落とされそうじゃったデス。


今でも、あの右カーブの道、その感覚、映像を思い出せますよ。

子供心に、何故か「怖い」ってよう言わんかった。仕事(商売)
で汗水垂らして働いてる父に申し訳なかったし、駄々こねたの姫だから。

遠足に行ったみんなの所に一刻も早く娘を連れて行って
やろうとする気持ちが、オートバイで走る「父の背中」から
ひしひしと感じられたんだもん。子供って意外と気を使ってるんだよ


もう必死で父の背中にしがみついてた記憶だけが鮮明です!!

それで遠足に行ったみんなのとこに着いたのだけど
もうお昼のお弁当も食べ終わり、帰り支度してるとこだった。しょぼ・・・

その後の記憶は無いんだけどね。だけど、納得したというか、父の愛情を
感じたというか、それでも「超怖かった」というか・・・どっちやねん??


そうして、時は経ちにたち・・・あの小さくて父にとって目の中に入れても
痛くなかった姫を、嫁に出す時の「父」はまるで「駄々っ子」みたいだった。
あの時の逆だよね。あはは~~!!


主人とはお見合い結婚(母のお陰)だったのですが、父も一目で
「主人を気に入り」・・・それが非常に悔しかったらしい(爆)

もうジレンマ状態!!難癖も付けられず、江戸屋へ荷送りの日は
仲人さんにまで当たり散らしたらしいですよ(母から聞いた話です)

それでも治まらず母に「大学出たばっかりじゃが~お前が
はように結婚させる言うからこんな事になったんじゃーー!!」って
噛み付く始末。あはは~!!母も踏んだり蹴ったりですな。

挙句の果てに、結婚式2W位前から主人に口を聞かんように・・・
まぁ、わたしら、嬉しいばっかり♪ヽ(∂。∂)ノ ランラン♪気分で
毎日デート。帰りは毎晩11時過ぎだもんね~~m(。_。)m ゴメン


主人はすごく気を使って「今夜は早く帰ろう」しか~~し、そうは
いきませんな(爆)わっかい恋する二人じゃ。話すこと、やること(爆)
いっぱいありますがな。そんで、又もや夜、11時過ぎに帰宅。

もう父はぶち切れ状態。でも姫にはめっちゃ優しいのよね~~♪
主人が「お父さん、スミマセン、帰りました」って言うてもプイッ!
って返事なし。姫には「お帰り~」だったのよん。あはっ♪


でもって「結婚式当日」はやっと吹っ切れたみたいで!!まぁ、あれだけ
ダダこねたら腹の虫も治まったんでは!?ところが、新婚旅行に出た夜から
今度は母が「駄々っ子」状態になったらしい(後で父から聞いた話)


もう無茶苦茶~~「惜しい、惜しい・・・」って泣いてばっか。あはは~!!
なだめるのに父は相当苦労したそうな(@@;)

そんで新婚旅行初夜の事、今度は主人がさめざめと泣いてるではないか!!
もうどないなっとんじゃ~~!?!?


聞いたら「こんなに慈しみ育てたお嬢さんを僕が頂いて、ご両親
(特に父)に申し訳がない~~」ってね。ありゃ、まっ!!

でも姫はこれだけみんなから「愛されたんだよね」感謝で一杯♪
あぁ~~それなのに、それなのに「親の心、子知らず」反抗したなぁ。。
今は、違いますよ。両親に会うたびに「有り難う」って言います。

父の背中にしがみついてた姫は、今でもあの時のまんまだよ。お父ちゃん。
ただ、しがみつく背中が「主人」に変わっただけだよ。。。。


Image581.jpg

 応援ポチして下さると嬉しいです。ペコちゃん♪
      ↓
  

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

りん♪さま

こんにちは~!!

>生涯忘れられない素敵な思い出ですね(*'ー'*)
お父さんの背中は大きく逞しかった事でしょう・・

(*^^*)/ ハーイ・・・大きくて逞しかった父の背中ですが
もう、90歳、肺気腫で酸素吸入が外せない生活ですが
ボケもなく、姫といろんな話しをするのが楽しみなようです♪

>ある意味 心配をかける事も 親孝行なのだと気づいたのは
大人になってからです(笑)
最近はその母の背中も小さくなり 切ない限りです(T-T)

そうですか。お父さまは早くに亡くなられたのですね。
お母様のご苦労も並大抵なことでは無かったのでは・・・
だからこそ、心配をかけまいとした「りん♪さま」の優しさと
賢明さを感じます(^^)頑張ってこられたのですね!!

これからは少しユックリとご自分にもご褒美あげて下さいね。
親の背中はどんどん小さくなりますが、親を想う気持ちはどんどん
大きくなるようです。。。。

比呂さま

こんにちは~!!

お体の方はよろしいのかしら? 余りご無理なさらない
ようにして下さいませね。

>私も 父親っこで。。大人になって 鹿児島の街を父と腕をくんで歩いたのを今でも思い出します。
私も caoちゃんと一緒かな。。結婚前に お空に行っちゃった^^;

「父親っ子」 姫と同じだ☆~(ゝ。б)ネ 早くに天国に召されたの
ですね。お空から比呂さまのこと、見守ってらっしゃることでしょう。
心の中で「お父さまは生きてらっしゃる」と思います!!

母上様を大切になさって下さいね。それもだけど・・・・
ご自分をもっと労わってあげて下さいますように♪♪

君平さま

こんにちは~!!

>もう、可愛いくて可愛いくて、目に入れても
痛くない状態だったのかも。
もう少し一緒に居られると思ったら、嫁に出て
しまうと聞いて、とてもショックだった気持ちが
なんとなく分かるような気がします。

(。б_б。)ノハイ・・・仰る通りですわ。溺愛とは父の為にあるような
言葉。姫、命~~~みたいな。あはは~~!!
18で東京の薬科へ。22で実家に。その年にはもう結婚だもんね。

結婚初夜のお話ですかい(@@;)おもろいのありますわ。
でもね~~あはっ♪

No title

おはようございます♪

生涯忘れられない素敵な思い出ですね(*'ー'*)
お父さんの背中は大きく逞しかった事でしょう・・

一刻も早くとビュンビュン飛ばすお父さんと
必死でしがみついていた姫さまが 絵のように
浮かんできます(*'-'*)

アタシは父を早くに亡くしているので 
母が父親代わりでした・・・ そのせいか
母に心配をかけてはいけないという気持ちが強かったです(´Д`)
ある意味 心配をかける事も 親孝行なのだと気づいたのは
大人になってからです(笑)
最近はその母の背中も小さくなり 切ない限りです(T-T)

お久しぶりです!

姫さん ご無沙汰していました。
ご心配をおかけしましたが また復活しましたので
よろしくお願いします(^^ゞ

私も 父親っこで。。大人になって 鹿児島の街を父と腕をくんで歩いたのを今でも思い出します。
私も caoちゃんと一緒かな。。結婚前に お空に行っちゃった^^;

でも その分。。母が長生きしています(*^^)v
私は小さい頃 よく母の背におぶわれて 病院行ってましたー!

No title

こんにちは。
姫のお父様は、一途だったんでしょうね。
もう、可愛いくて可愛いくて、目に入れても
痛くない状態だったのかも。
もう少し一緒に居られると思ったら、嫁に出て
しまうと聞いて、とてもショックだった気持ちが
なんとなく分かるような気がします。
そんなお父さんだったからこそ、こんな素敵な
姫が育ったんだなあと思いました。
あ、次回は結婚初夜のお話ですか(笑

散歩道さま

こんばんは~!!

>私も父のオートバイによく乗ったんですよ。
小さい頃はガソリンタンクの上が私の指定席
一番前で運転している気持ちでした。

(*^0^*)ノ オォー!! そうですか。でも後ろより前の方が
怖くないかもです。後ろはこわひ~~~!!!!

>私の両親もにたもので、間に入って私は困ったものです。
父も母も同じように寂しかったんだと今になって思います

(。б_б。)ノハイ・・・夫婦って心も凹凸なんですね。
この年になって気付く「両親の愛」ってとこかしらね(^^)

caoちゃん

こんばんは~!!

>アタシは ちっさい時に バイバイしちゃったんで
チェックのりぼんと キャラメルを のっけた 大きな父の手しか
記憶にないのさ。

(^。^?) エッ・・・そうなんですか!!じゃ、母上様はお父さまの分まで
頑張ってcaoちゃんをしっかりと守り、愛して育てて下さったのですね
お兄様(先日いらしてましたね)がお父さん代わりもして下さって・・・
うるうる・・・です。
「大きな父の手」・・・天国からcaoちゃんを導き見守って下さってるのでしょうね。これからも永遠に。。。

>姫ちゃん、だから のーてんき お人好しなのねっ!!

うはっ♪ 息子から同じこと言われてますわ。納得じゃ~~

サムさま

こんばんは~!!

こちらこそ、ご訪問、コメントを有り難うございます♪♪

>親子って良いものですね。
人は背中で人生を表現しているといいますが、ご両親様やご主人様の背中は、
後姿は頼もしいものですね。

そうですね!!姫の息子達が反抗したように、姫も両親には
反抗しました。安心して反抗できる人の胸を借りて成長できる
ものなのかもしれません☆~(ゝ。б)ネ

男性は頼もしいけど、背中には「哀愁」が漂うのは何故なんでしょう(笑)
優しくしてあげなくっちゃね(^^)

応援ポチを有り難うございます!!

No title

私も父のオートバイによく乗ったんですよ。
小さい頃はガソリンタンクの上が私の指定席
一番前で運転している気持ちでした。
今なら逮捕されているところです。アッハッハ
娘が結婚する時は親は「娘をとられる」そんな気持ちなんでしょう。
どちらか一方があからさまに寂しがっている事で
もう一方は我慢できている
ところが相方さんがおさまってしまうと「なんでやねん」と
思い出したように寂しさがこみ上げてくる
私の両親もにたもので、間に入って私は困ったものです。
父も母も同じように寂しかったんだと今になって思います。

こんち!

姫ちゃんの お父ちゃん いいなぁ~。
アタシは ちっさい時に バイバイしちゃったんで
チェックのりぼんと キャラメルを のっけた 大きな父の手しか
記憶にないのさ。
バイクは二つ年上のアニキが 乗ってて、高校生のアタシが
遅くなると、駅まで バイク飛ばして来てくれたな。
姫ちゃんの お父ちゃんと アニキが オーバーラップするわ~。
お母ちゃんも 旦那さんも 優しいね。
姫ちゃん、だから のーてんき お人好しなのねっ!!
ひひひひひ~!!
愛情の中で 育つと 愛情深い人になるのね。納得!!!

こんにちは~

ご訪問・コメント有難うございました。
御礼申し上げます。

忘れないものなんですね。その当時の乙女の心に強く印章に残った出来事。
父親への感謝。そういう思いは強く心の奥底に残っているんですね。
親子って良いものですね。
人は背中で人生を表現しているといいますが、ご両親様やご主人様の背中は、後姿は頼もしいものですね。
姫の宝物ですね。なぜか目じりが潤んできます。
応援ポチ!

レオママさま

こんばんは~!!

>一昨年母が亡くなって、父が残されたのです
生きる力を失ったらどうしよう・・・と気が気でなかったのですが、
母がいたときより元気いっぱいで毎日充実した生活を送っております。 おそるべし我が父

そうでしたか。母上さま、彼岸に旅立たれたのですね~~
大体、妻に先立たれると・・・参っちゃうのが夫。って聞きますが
お父さまはきっと「愛と強さ」を持たれた方なのでしょうね。
それとお子達に余計な心配をさせまいとなさってる・・・その愛情も
スゴイですね。貴ブログ拝見し、父上さまはとっても面白い方
らしいですね。記事が楽しみです。

名言だなんて・・・素直に有り難うございます。でも姫は時々
「迷言」もありますので、そこんとこ、(^-^*)ヨロシク♪

荒野鷹虎さま

こんばんは~!!

>男って優しい動物で~すね~^^
初夜の日に、さめざめと泣く主人の、なんと可愛いことでしょう!
結局、結ばれたのでしょうか~・お~恥ずかしい!

あはは~~!!さいです。さいです。男性の方が基本的に
「優しい生き物」だと思いますよん。女は怖いでっせーーー(笑1)
結ばれた???ハイです。息子二人生まれましたからね~~(笑2)

>親の背中の、ぬくもりは猫の手に似て、柔らかいものですね~^^☆!

ヾ(〃δoδ〃)ノワーイ♪ スゴイ良いコメントですわ。
だから、姫は猫が、だ~~~~~い好き~~~~!!!!
それと、猫さんに顔を埋めてると、「母に抱かれてる」ような気持ち
になるんですよ(^^)


bebeさま

こんばんは~!!

>姫! お父上との素敵な想い出を私まで共有させてもらいました!
とっても素敵デスし とっても羨ましいです
私は 小さい時から父に可愛がってもらった記憶が無いんですよ

bebeさま、思い出を共有して下さって嬉しいです。有り難う!!
愛情表現もそれぞれなんでしょうね。でもbebeさまのセンスの良さ
とか、感性の素晴らしさは「父上さま」のお陰かもしれませんね。

「がたんがたん」の思い出は、楽しくほほえましいですね(^^)

>ところで私は母として 
子供たちに どんな思い出を残してあげられたのだろうか・・・

そうですね~~姫も同じです。必死でゆとりも無く育てたから。
でもきっと「母の愛情」は伝わってると思いますよ♪

トマトの夢ちゃま

夢ちゃま、こんばんは~!!

残暑厳しいですね。こちらは夕方少し雨が降りました。
姫は元気ですよ。夢ちゃまも無理なさらないでね。

>お父様を思う優しい姫ちゃまの心がジーンと伝わって
きました。しがみついていた背中の温もり。。。いつまでも忘れないよね

(*^^*)/ ハーイ・・・有り難うございます(^^)
姫は父から一度も叱られたことがありません。褒めて「諭す」人です
それなのに、姫は「母親似」・・・あはは~~!!

応援ポチ、いつも有り難うございます♪

やっこさま

こんばんは~!!

>ババんとこは明治生まれの頑固者の父、内ずらの悪い父だったもので背中たるや
恐れ多くて触る事もなく知りません、・・・

そうでしたか。。。明治生まれ、わかるような気が致します。
時代がそうさせたのでしょうね。男たるものって感じよね。
今は少なくなっちゃった。そんなお父上さま、母上さまの後姿
見ながら・・・やっこさまは素晴らしい女性・妻・母、であることに
誇りをお持ち下さいませ。姫はいつもそう思ってます(^^)

>娘達が嫁ぐ前まで主人が泣いていましたが娘達が嫁いだ後寂しくて
毎日泣いていたのはババです 親ってこんなものですよ。

やっぱ、そうなんですね。親ってどんな言葉を持って感謝しても
仕切れない「愛」を感じます♪♪

クメゼミ塾長さま

こんばんは~!!

>我が身とオーバーラップしてあきませんねえ…。(;~∧~;)ヾ
さめざめ…(ノД`)゜・。・

(。б_б。)ノハイ・・・ほんまにお察し申し上げます。
父と塾長様が重なりますわ。でもおめでたい事ですよね。
末永いお幸せ、お祈り致しております(^^)

父の口癖は「お前達の幸せが、お父ちゃんの幸せじゃ」です。
有り難いことです。先ほど、「共時性ぶろぐ」にお邪魔させて
頂きました♪♪

こんにちは!

あたしも、父のバイクによく乗せてもらってあちこちいきました
一昨年母が亡くなって、父が残されたのです
生きる力を失ったらどうしよう・・・と気が気でなかったのですが、
母がいたときより元気いっぱいで毎日充実した生活を送っております。
おそるべし我が父

姫さまはホントに、愛情たっぷりに育てられたんですね~
旦那様もなんて素敵な方なんでしょう

>父の背中にしがみついてた姫は、今でもあの時のまんまだよ。お父ちゃん。
ただ、しがみつく背中が「主人」に変わっただけだよ。。。。

これ名言ですわ~
いつも、グッと来るセリフ、恐れ入ります。。。メモメモ

猫谷姫さんへ!!

男って優しい動物で~すね~^^
初夜の日に、さめざめと泣く主人の、なんと可愛いことでしょう!
結局、結ばれたのでしょうか~・お~恥ずかしい!
いつまでも、忘れられない、親の背中の、ぬくもりは猫の手に似て、柔らかいものですね~^^☆!

羨ましい!

姫! お父上との素敵な想い出を私まで共有させてもらいました!
とっても素敵デスし とっても羨ましいです
私は 小さい時から父に可愛がってもらった記憶が無いんですよ
ただ 小さい頃は商売が上手く行っていたせいか
お祭りの時には 使いきれない位のおこずかいをくれたり
誰も持ってないような 『喋るお人形』とか 
とにかく 人より先に何でも買ってくれた記憶だけですかね・・・
そうそう 一つだけ姫と似たような記憶が有ります
父と二人でバスで出かける時 一番後ろの席で
バスの揺れにあわせて更に大袈裟に  
『がたん がたん』って 笑いながら私を持ち上げてくれて
私もとても面白がってた記憶だけは有りますね
懐かしい記憶です
姫 思い出させてくれて有難う!

ところで私は母として 
子供たちに どんな思い出を残してあげられたのだろうか・・・

おはようございます♪

姫ちゃま、おはようございます♪

毎日暑くて参っちゃうね~^^:
お元気ですか?

「父の背中にしがみついてた姫は、今でもあの時のまんまだよ。お父ちゃん。
ただ、しがみつく背中が「主人」に変わっただけだよ。。。。」


お父様を思う優しい姫ちゃまの心がジーンと伝わって
きました。しがみついていた背中の温もり。。。いつまでも忘れないよね。

応援☆

No title

うはっ父恋しぃーババです
ババんとこは明治生まれの頑固者の父、内ずらの悪い父だったもので背中たるや恐れ多くて触る事もなく知りません、精々足の裏を踏んであげた記憶が有るのみそして「お前(ババの事)が男だったらよかったのにな~」の言葉だけです、何故だか今でも分かりませんが
姫ちゃんが羨ましい!!

娘達が嫁ぐ前まで主人が泣いていましたが娘達が嫁いだ後寂しくて毎日泣いていたのはババです
親ってこんなものですよ。

No title

ふうむ…。
我が身とオーバーラップしてあきませんねえ…。(;~∧~;)ヾ
さめざめ…(ノД`)゜・。・

ぶろぐ
姫が父のこと
私【クメール】が母のこと
以心伝心 かもね(^~^)/


プロフィール

ミー子

Author:ミー子
日々、感じ、考え、行動に移し、楽しみながら成長したいです
オシャレと猫さんと泳ぐ事が好きな「薬剤師」です。ミー子の
ブログで少しでも心がほっこりしてもらえたら嬉しいな♪
最近「カメラ女子」になりました

「姫のあるがままでいいじゃん」→『ミー子の伝言』
 猫谷姫⇒ミー子 に改名 よろしく♪

応援ポチして下さると嬉しいです

人気ブログランキングへ
        

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

くろックCute BC01
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。