スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

姫と母の確執~!!

唐突ですが、姫と母との確執はずいぶん長く
続いたんですよん。。


それは、もう中学くらいから(反抗期)始まって、大学だって東京に
行ったのは、あのうるさい(ごめん、お母ちゃん)母から逃げたかったのが
一つですぅ~~それで本当に和解出来たのは姫50歳目前だったんだから・・・

「親の心、子知らず」とは姫の為にあるような格言ですわ(爆)

ほんまに「ばちあたりめ~」って感じ。今から思えば母が兄や弟には
甘いのに姫に超厳しかったのはただただ「お嫁に行って困らないように」
の一点張りだったのかもしれません。


礼儀作法、言葉使い、お洋服、お化粧の仕方、髪型、洗濯の干し方、お皿洗い
お料理・・・エトセトラ・・・もう「やめてくれーーーー!!!」状態。

一番嫌だったのは、夕食時、食事の手伝いもだけど、食後すぐに立って
食器洗いは厳しかったですぅ。。。「女の子がいつまでも座ってるもん
じゃありませんっ!」って。

TVはちょうど、漫画の時間、兄弟はうはうは笑いながら見てるのに・・・
姫は見れない!!だからかなぁ?みんなが知ってるような漫画も詳しく
知らんデス。横目でチラ見だもん。今でも漫画は読まないし見ないのは
そのせい!?

母を心の中で切った(ごめん、お母ちゃん)極めつけは結婚前夜の事。
ちゃんと、両手をついて両親に挨拶したんです。


「お父さん、お母さん、今まで育ててくれて有り難うございました」

そうしたら、父はもう涙、きっと見せたくなかった?「解った、わかった
もう明日は早いんじゃから、早く寝ろ」それに引き換え母の毅然とした姿!

「貴女はもう明日からここの人じゃありません。例え何があろうと(離婚?)
帰る家は無いと思いなさい。そして、江戸屋のお義母さんを本当の
お母さんと思うように」この時も結婚式でも涙一つ見せませんでしたわ。


それ聞いて、勝気は姫、「何があっても愚痴一つ言うもんかっ!」になった訳。
母って姫のこと、好きじゃないんだ・・・になった訳。一つの歯車が狂い
始めると、母のいう事、する事、全てがプラスに思えなかった・・・

私はただ、母から「優しくしてもらいたい」「愛してもらいたい」「褒めてもらいたい」
たい、鯛づくしの甘えたの姫だったのでしょうね(笑)


結婚後は電話はもちろん、江戸屋に来ることも(車で40分)ほとんどありません
でした。和解した後で聞いたのですが、自分(母)がもしも、足しげく娘のとこに
通ったりしてたら、義母から娘が可愛がってもらえない・・・だから「行かない」

有無~~それも一理あるんでしょうが、それを「やり通した母」もあっぱれ!?
で、娘の私はどう思ったかって?「やっぱり、私の事なんて好きじゃないんだ」
それを「ず~と思い通した」姫もあっぱれ!?もう意地の張り合いですな(爆)


あはは~~!!いろんな「母娘」の有り様があるんですね。でも母のもくろみは
見事的中、義母は本当の娘のように姫の事、可愛がってくれました。そして結婚
前夜に母から言われた通り姫も「義母を本当の母」のように慕いました(^^)

今の時代にはそぐわない母の娘の育て方
だったかもしれません。でもあの母の
厳しさがあったからこそ「今の姫がある」そう思います。


和解したのは、その3ヶ月前に電話で、母と大喧嘩したのです。更年期で心身共に
ボロボロ、歯止めが利かなくなり、母に何十年も思ってた「恨み」つらみ
をぜ~~んぶ吐き出してしまったっ!!!!

それを聞いてた母、猛反撃。負けちゃおりませんで!!そんでお互い電話で
大喧嘩、最後に姫が「もう顔も見たくない、声も聞きたくない、私がいいって
いうまでTELしないでっ」ガッちゃんとTEL切った。。。。

結局、それから3ヶ月、母は娘を心配するも「許してもらえず」江戸屋にTEL
義母に姫の様子を聞いてたらしい。あはは~~!!笑い事じゃないですよね。
この「たわけもの~~」って感じだよね。

姫が母に心開けるようになったのは、
あの時、一切、姫を責めなかったこと!
 


心配して(更年期が酷くて私が寝込んでた)毎日のように江戸屋にTELして
義母に姫の様子を聞いてくれてた事。母の愛情はスゴイね

それで3ヶ月経過したある日、ある瞬間、「姫の天使、降りてきました」♪♪
父を通して「お母ちゃんに電話してもいいって、伝えて」・・・
そうしたら、1分も経たんうちに母から姫にTELが・・・・

あはは~~!!もう笑えるよね(^^)その電話はすっかり普通の会話。
親子ってスゴイよね。 母の愛ってスゴイよね。


結局、子供って親の愛情に飢えてるというか、試してるというか
姫も息子二人を大きくして改めて、育児の大変さ、面白さを
痛感!!親って知らん間に、兄弟を比較しちゃてるんだよね。

そして、子供はそれぞれの個性、性格があって「親が良かれと思って
やった事が裏目に出たり、反対も然り」何とも「奥深い」ものです♪♪


いつも以上に長い文章を最後まで読んで下さって感謝致します。母との
事はいつか、必ず書きたいと思ってましたが、やっと書くことが出来ました♪

 「今流行の?母娘べったりもやってみたかったねっ」って
 言い合ってる「変な母娘」です。あはは~!!
 


syobara4.jpg

応援ポチして下さると嬉しいです。ペコちゃん♪
    ↓
  

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

bebeさま

こんにちは~!!

こちらこそ、ご無沙汰しております。

>とはいえ 姫からしてみたら なんて冷たい親!って 思ったこともあったことでしょうね
「素敵なお母さまですね」と 言えるのは 今 自分が
母親になっているからなのかもしれません・・・

あはは~~!!そうそう!!50歳まで恨んだわよ。ったく・・・・
自分も母親となり、子供の苦労もし、色んな思いをした事でしょうね
一番大きかったのはやっぱり、母に自分の思いを全てぶちまけた
事かしら。それを耐えて耐えて「姫を待ってくれたこと」だったと思います(^^)

>私は ダメです
正直 母は嫌いです! いまでも・・・
でも 表面上は普通にしています

そうですか・・・その気持ちに正直で良いと思います。
bebeさまも、お小さい頃からご苦労なさったのですね。
だから「優しさ」があるんですね。お会いした時もブログでも
そう感じています。お母様の愚痴も聞いてあげられてるし
なかなか、出来ることじゃないって思いますよ!!

>親子って 因果なものですね・・

本当にそうですねぇ・・・切っても切れない「縁」
出来れば大切にしたいものですね。

サムさま

こんにちは~!!

こちらこそ、いつもご訪問、嬉しいコメントを有り難うございます!

>若い娘さんにとってはおっしゃる通り辛いときもあったでしょう。
それはそれでお察しいたします。
でも今となっては、誠心誠意我が娘を思っての子育て、素晴らしいの一言ですよね

そうですね~~仰る通り、ずいぶん長い間、恨み節でしたわ(笑)
母も辛い時期が多かったと思いますが、終わり良ければ全て良し
でしょうか!!母の存在は「人間」というもの・・・それも問いかけて
くれたかけがえのない「存在」です!!

>親子が上辺だけ仲が良くても、大した価値はありません。
あるべき親子の姿を見せていただいた思いです。

(*^^*)/ ハーイ、いつも逃げないで、本音で立ちはだかった「母」に感謝でいっぱいです。
大切にしたいと思ってます♪そして私も息子達と本音で関わり合っていきたいと思ってます。

トマトの夢ちゃま

こんにちは~!!

いつも姫んちに遊びに来て頂き、応援ポチも有り難うございます!

>こちらは、今日から梅雨入りで~す!よっ!
うっとうしい 梅雨を逆手にとって、楽しんで過ごそう!

そうなんだぁ~こっちも梅雨入りしました。ず~と雨こんこん
でございますぅ。。。チャム姫も(+。∂)(-。-)(_ _) ..zzZZ

雨ってそんなに嫌いじゃないっす。だって家事さぼれる
いい訳になるから☆~(ゝ。б)ネ

夢ちゃまは甘ったれですか!?あま~いトマトちゃん。
大好きですよん♪♪

またまた おひさ!です

わぁ!  なんて凄く素敵なお母さまなんでしょう!
そんなお母さまに育てられた姫は 
本当に素敵な人になってますよ!
とはいえ 姫からしてみたら なんて冷たい親!って 思ったこともあったことでしょうね
「素敵なお母さまですね」と 言えるのは 今 自分が
母親になっているからなのかもしれません・・・
でも 素敵なお母さまに育てて頂いた姫は 恵まれていますよ

私は ダメです
正直 母は嫌いです! いまでも・・・
でも 表面上は普通にしています
私には 可愛がってもらった記憶は無く
いじめられたことしか覚えてませんの・・・
だから私は 夫と何かあっても泣いて帰る所は無いので
喧嘩などした時は 家の周りをぐるぐると回って
気が晴れると家に戻ってましたっけ・・・
だから 私は キツイ部分が有るのだと思いますわぁ~
でも いま母は時々私に電話を掛けてきては実の息子の
悪口を散々こぼしています
もういい年だし 冷たくも出来ず親身になって母に
「こうしたら?」と アドバイスしたり慰めたり
していますが 時々心の中で 
「今あなたにそうして自分勝手をしてあなたを苦しめているのは 実の息子で 
愚痴をこぼしている相手はあなたがいじめて追い出した血の繋がってないむすめですよ」と
言いたくなります

親子って 因果なものですね・・・

こんばんは。

ご訪問・こめんとありがとうございました。
御礼申し上げます。

自分の娘にたとえ恨まれようが、憎まれる事があろうが
将来娘が困る事がないように、それこそが母親の役目。
可愛いからこそ、愛情が強いからこそただ可愛い娘のために・・・
そういう強い思いだったのでしょう。凄いお母様です。
若い娘さんにとってはおっしゃる通り辛いときもあったでしょう。
それはそれでお察しいたします。
でも今となっては、誠心誠意我が娘を思っての子育て、素晴らしいの一言ですよね。
私の姪などには、爪の垢でも飲ませてやりたい。
親子が上辺だけ仲が良くても、大した価値はありません。
あるべき親子の姿を見せていただいた思いです。
ご自分の人生を懸けて娘さんを育て上げた立派なお母様をお大事にしてください。
有難うございました。
応援ポチ!

こんばんは~!

姫ちゃま~ (^^) 遊びにきたわよー♪
こちらは、今日から梅雨入りで~す!よっ!
うっとうしい 梅雨を逆手にとって、楽しんで過ごそう!
なんて、思ってま~す(^_-)-☆

お母様 、強し!!姫ちゃまも、強し!!ガンバ!!姫ちゃま♪

応援ポチして帰りま~す
あまったれトマト 笑

caoちゃん

こんばんは~!!

>すごいね、お母さん。
徹底した躾。唸るほど感心しちゃった。
お父さんも、お母さんの気持ちは 解かっていたんでしょうね

あはっ♪ 母は滅多におらん、キャラも含めて「スゴイ人」ですわ。
「徹底してやる」・・・あのエネルギーには恐れ入りましたです(笑)
こちらは、徹底して「反発」・・・そして長い年月が掛かりましたが
「素敵な和解」が出来た事、何者かに感謝したい気持ちです♪♪

父はこれ以上厳しくしたら、もうどうならんと思ったのでしょうね。
超甘やかして姫を溺愛!!ほどほどいうもんが我が両親には
ないんかい(@@;)

>姫ちゃんは 御両親が 創り上げた傑作だ!(笑)

ヾ(〃δoδ〃)ノワーイ♪ すっごく嬉しいコメントだぁ~~!!
ヽ(∂。∂)ノ ランラン♪ 姫~~~ヾ(〃^。^)o ファイトォー!!

やっこさま

こんばんは~!!

やはり、私達の時代の母親ってそうだったのですね♪

>ババも姉が二人いますがこの姉が手のつけられない我がまま育ち、おのずと家の手伝いはババの仕事次から次と家事仕事の注文母の差別(当時はそう思っていました)に泣きましたが今はそれが役に立っています、有り難く思っています母の愛情を・・・

あはは~~!!お姉さまお二人いらしても、そうだったのですね。
上手く母の魔術から逃れられたのでしょうか!?やっこさまに
白羽の矢が~~姫と一緒だね。差別に思っちゃうわよね。
当時は!!でもあの厳しさが役に立ってるもん。
お互い乗り越えて良かったですね(^^)苦労はしてみるもんですね

驚いた!

すごいね、お母さん。
徹底した躾。唸るほど感心しちゃった。
お父さんも、お母さんの気持ちは 解かっていたんでしょうね。
お父さんも素敵ね。
そういう経験が 姫ちゃんをつくって、
その姫ちゃんが、みんなに 優しく 愛を分けてくれてる。
姫ちゃんは 御両親が 創り上げた傑作だ!(笑)

これぞ親娘の関係ぞやです、娘は母親の分身良く似るそうです
いや私は似てないとお思いでしょうがよーく似ているそうですよ

ババも姉が二人いますがこの姉が手のつけられない我がまま育ち、おのずと家の手伝いはババの仕事次から次と家事仕事の注文母の差別(当時はそう思っていました)に泣きましたが今はそれが役に立っています、有り難く思っています母の愛情を・・・

トマトの夢ちゃま

こんばんは~!!

地震、大変でしたね。揺れて怖い思いされたでしょう!!
ブルブル・・・・被害は無かったでしょうか?もうちょっと
体重upしなきゃダメよ。

>…「優しくしてもらいたい」 「愛してもらいたい」 「褒めてもらいたい」 今は亡き母に…
姫ちゃまと同じ 思いを抱いていたものでした。

そうですか、母上様は天国から見守って下さってるのですね。。。
子供って親の愛情を何故こうも欲しがるのだろう?って思います。
この「愛の安心感」が人に対する「安心感」に繋がる基本だから
かもしれませんね(^^)


トントン!^^こんばんは~~!

姫ちゃま、地震 すごかっわよ!!!ユレタユレタ~~(@_@)
トマトも、ユレタわよ~(@_@) (体重が欲しい…)

姫ちゃまの方は大丈夫でしたか~

「姫と母の確執」 泣けてしまいました。。。
…「優しくしてもらいたい」 「愛してもらいたい」 「褒めてもらいたい」
今は亡き母に…姫ちゃまと同じ 思いを抱いていたものでした。

姫ちゃまのお母様を尊敬します!(^^)!

モモさま

こんばんは~!!

>今回の記事には辛すぎてコメントできません。今、モグとほとんど絶縁状態(?)なので・・・
いつかこんな風に笑ってブログに書ける日がくるといいな。

あぁ~~!!(。・。・;)ゴメンナサイ・・・辛い想いをさせちゃいましたね。姫も50歳前まで本当に
母と上手く行ってなかったので・・・
モグちゃんの気持ちも、モモさまのお気持ちも解ります。

どんな事情か存じ上げませんが子供って母親には特に「甘えたい」のよね。ただ、それだけ!!
そして残酷なほどに子供は親には
辛らつなもの(姫だけかしら?)だと思います。

焦らず、ユックリと、時間を掛けて・・・大好きな人は「母」です!!
それは本当です。モモさまとお嬢様、きっと氷が溶ける日がやって
来ます。それまで~~~ヾ(〃^。^)o ファイトォー!!

姫も母のこと、「世界一、好きです」!!!!

比呂さま

こんばんは~!!

>今日の記事を拝見して 姫さんのお母様はすごい方だな~と驚いています。いろんな愛の形があると思いますが 姫さんの将来を想い 心を鬼にされていたんですね。。私は末っ子で何もかも許されていたので 大人になってから苦労をいっぱいしました(^^ゞ

(。б_б。)ノハイ・・・もうユニークな母(姫そっくり)でございます!
頑張り屋さんで、決して弱音を吐かない母・・・でもそれが裏目に
出たらしく、「みさちゃん、みたいに生きれば良かったわぁ」なんて
訳のワカランことを言うてますわ(笑)心を鬼にして・・・それは
あっぱれとしか言えないです。それも何十年も経って聞いたから
「スゴイ人」ですな(爆)

でも本音は寂しかったみたい。自分で望んだものの、裏目に出て
「娘からは恨まれる?」「姑と姫が本当の親子みたい」で寂しかった
ようですよ。早く気付いて」あげれば良かったなぁ。。。

「お母ちゃん、m(。_。)m ゴメン」やっと和解できて、今はものすご~く良い関係ですから、
良しとしてもらいましょうかね♪♪
色んな、親子関係があって良いと思いますよん。そこから人は
何を学ぶか?ではないでしょうか。

姫さま、こんばんは♪

今回の記事には辛すぎてコメントできません。今、モグとほとんど絶縁状態(?)なので・・・
いつかこんな風に笑ってブログに書ける日がくるといいな。

こんばんは~!

姫さん こんばんは~(^^♪
今日の記事を拝見して 姫さんのお母様はすごい方だな~と驚いています。いろんな愛の形があると思いますが 姫さんの将来を想い
心を鬼にされていたんですね。。私は末っ子で何もかも許されていたので 大人になってから苦労をいっぱいしました(^^ゞ
どちらがいいとか 悪いとか言えませんが 子供への愛の形はそれぞれで そこからまた学びがあるのでしょうね!でも 姫さんがお母様と和解されたということで。。安心しました(^^♪

荒野鷹虎 さま

こんにちは~!!
こちらは朝から雨です。今やっと止みましたが、どうも梅雨入り
したみたいです。洗濯物が~~およよ。東北地方の地震心配ですね。どうか被害が出ませんように!!

>「女は三界に家なし」と言われ、嫁に言った先で恥ずかしい思いをさせたくなかったのですね~。
甘やかしは時には良いこともありますが、「厳しさ」は後から効いて来ます。!

(。б_б。)ノハイ、全くその通りに育てられましたわ。でも私の友人達は甘い母親が多かったです。もうめっちゃ、甘い母親が出没してきた時代でもありました。だから、羨ましかったなぁ。イカン、遺憾!!

その反対に父はめっちゃ甘かったので、バランスが取れて
良かったのでしょう。薬剤師になれたのはもちろん、母のお陰もありますが、勉強をず~と気長にみてくれて、褒めて励まし、自信を付けてくれた父のお陰が大きいと思ってます♪

>私は、親が優しすぎて、「あまったれ」に育ち、10年遅れました汗) 子育ては、「虎の崖落し」が良いのかもしれませんね~^^難しいでしょうがねー!

そうでしたか!でもご立派になられたのですもの。素敵な母上さまだと思いますよ。
「虎の崖落し」あはは~~!!正にそんな感じ!
でもこりゃ、子育てには「一種の賭け」かもしれません。よほど根性入れてやらんと。

>親子だからこそ反抗が出来る・・・厳しさは後から効いてくる

流石のお言葉です!!親子って大喧嘩してもすぐ普通に戻れるのが不思議~~
厳しさはこの頃になってやっと効いてるようです!!
正に「効き目が遅い、副作用もありの薬」のように(笑)

>☆ランクの上昇が早いですね~^^!

有り難うございます。皆様のお陰です。今後ともよろしくお願い致します。
でも本音を書くことの難しさも痛感してますわ。

こんにちは!今日は真夏日です。しかし風がさわやかで気持が良いですね~^^そちらはいかが?東北地方で、地震があったようですねー。被害が泣ければと・・思います。!

この頃は娘のことを心配するあまり、厳しく育てたものです。
 お母さんは、「親の心、子知らず」と思っていたでしょうね~^^
「女は三界に家なし」と言われ、嫁に言った先で恥ずかしい思いをさせたくなかったのですね~。甘やかしは時には良いこともありますが、「厳しさ」は後から効いて来ます。!

姫が薬剤師になれたのも、お母さんのお陰だと思いますね~^^
親子だからこそ、反抗も出来るのですよねー。片親の人はしたくても出来ないのです。
だから夫婦は仲良く、しなければならないと痛感しています。

私は、親が優しすぎて、「あまったれ」に育ち、10年遅れました汗)
子育ては、「虎の崖落し」が良いのかもしれませんね~^^難しいでしょうがねー!

子供の、気性を良く見て判断する事が必要かもしれません。!
長々と済みませんでしたね^〔爆)
☆ランクの上昇が早いですね~^^!
プロフィール

ミー子

Author:ミー子
日々、感じ、考え、行動に移し、楽しみながら成長したいです
オシャレと猫さんと泳ぐ事が好きな「薬剤師」です。ミー子の
ブログで少しでも心がほっこりしてもらえたら嬉しいな♪
最近「カメラ女子」になりました

「姫のあるがままでいいじゃん」→『ミー子の伝言』
 猫谷姫⇒ミー子 に改名 よろしく♪

応援ポチして下さると嬉しいです

人気ブログランキングへ
        

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

くろックCute BC01
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。